本店開業準備から移転時の手続き紹介!

これから商売をしたいときには会社開業の作業が必要となっています。

また現在本店を持っていて移転を考えている方は移転作業も必要。
移転先で当たらに会社を開業するには会社を設立するときとはちょっと違う手続きも行います。

ここでは、これから会社経営をしたい方のための準備、あわせて移転をするときの流れを紹介するので参考にご覧ください。

目次

1.開業をするときにはどのような準備が必要なのか

開業をするときにはどのような準備が必要なのか
会社経営をするときには準備が必要なので知っておくといいでしょう。

必要になる準備といえば、資金調達や届出、物件を探したり人材を採用したりといったものが必要。

その前にはどのようなお店を開業するのかコンセプトはなにかを考えます。
特にコンセプトは大事でどのようなお客さんを見込んでいるのかを把握して、客層に応じた内装や商品ラインナップにするのが基本です。

事業計画書の立案や資金調達だけでなく、補助金や助成金も考慮して計画をしていきます。

またこれからの経営を見据えた計画が大事、開店してからも定期的に事業計画書の修正をしてニーズに合う店舗作りをするのが大事です。

開業資金は物件の取得費用や内装外装工事費用、設備費用とランニングコストを考慮します

資金調達を行う際は日本政策金融公庫を利用するのがいいでしょう。日本には事業融資サポートが用意されていて、日本政策金融公庫からの融資を手伝ってくれます。

物件探しはテナントが空いているから利用するのではなくニーズに合う場所や、利用者を想定して通いやすい立地にするのが重要です。

競合店があるかどうかのリサーチも大事となっています。

各店舗をリサーチすることで客層や商品ラインナップ、接客の品質を調べられるので良い部分を自分のお店に取り込むと競合店に対抗しやすくなるでしょう。

移転をするときのことも考えて立地は選ばないといけません。

会社が繁盛してもっと大きな土地に移転したいときは大掛かりな引越し作業が必要です。荷物を持ち運ぶ際に距離が長いとそれだけコストが掛かってしまいがちです。トラックでの運搬費用や燃料代も多くなるのでコスト面を考慮した立地選びは重要と言えます。

物件は基本借りる場合が多いため、家賃を考慮して選定しましょう。

毎月支払う家賃は高いと負担も大きくなるため複数の物件を比較して適切な家賃の建物を利用するといいです。小売業をするときには商品の仕入先を探します。

メーカーと取引するのか問屋から仕入れるのか、インターネットから仕入れるといった手段が利用可能です。

オープンをする前にやるべきことは広告を出すこと。

オープンしてからでは遅いのでオープン前からチラシを配り自分のお店をお客さんに認知させないとだめです

予め広告を出しておけばオープン時にお客さんが店舗に足を運んでくれる可能性もアップします。

開業の届け出も必要で、店舗開店準備をしながら並行して行いましょう。これは開業届だけでなく内装や食品衛生責任者の届け出、防火管理者専任届や酒を扱う際は酒類の届け出も必要です。

2.移転先で開業をする場合の流れ

移転先で開業をする場合の流れ
移転をして他の物件で開業行う際は現在の店舗を閉店する、移転先の物件に引っ越しをして開業を行うといった流れとなっています。

基本的に出店と閉店は時期をずらさずに行うが基本です

本店から移転を行うため、移転中は収入を得る事ができません。なるべく早く開業をすると無収入期間も減らせられるので注目です。

届け出も同時に行うのですが

  • 保健所
  • 税務署
  • 労働基準監督署
  • 社会保険事務所

といった場所を利用します。

労働基準監督署は社会保険労務士を利用して移転先の提出書類の作成代行手続きをしてもらえるので便利です。また従業員を雇っているときはハローワークに行き雇用保険の事業所変更手続きも行わないといけません。

お客さんへの配慮として移転先の地図を表記する、閉店や移転の日付やお礼の言葉も店舗に出しておくといいです。

スムーズにお客さんを新店舗に誘導する手段としてクーポンを配布するといった手段も使えます。物件を売却するときは譲渡先の企業や人を探さないとだめです。なかなか見つからないと移転の作業も長引いてしまうので注意が必要と言えます。

どうしても見つからないときは不動産屋に売却をするのもいいでしょう。法人での引っ越しはかなりの作業が必要なので時間もかかります、以上のことを理解しておくとスムーズに移転を行えます。

3.まとめ

会社を開業するときには多くの準備が必要です。届け出や事業計画書の立案、労働者の採用といった作業が必要になってきます。

また本店から他の場所に移転をするときにも同じように多くの作業が必要です。移転先の物件探しだけでなく原状回復工事も必要といえます。上記の作業はすべてリスト化して順序よく行うことでスムーズに済ませられるでしょう。

こちらのサイトも参考にされて見てください→会社を立ち上げる際に必要な手続きや費用まとめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です